ホームへ戻る

手織りツィードを使用して制作したチェスターコート
Chesterfield Coat
18世紀半ばから19世紀にかけて英国で起こった産業革命によって従来の社会的変化によって出現した「市民階級(平民階級)」の中から英国ではジェントルマン(本来は不労所得階層出身)よ呼ばれる階層が貴族に変わって出現した。そのジェントルマンの「立ち居振る舞い」、「マナー」や「エチケット」はかくあるべしと唱えたのがチェスターフィールド卿です。その孫にあたる6代目チェスターフィールド伯爵が着用したのが、今日正装用コートの代表格としてチェスターフィルダー・コートの始まりです。
上衿は同じ柄(ヘリングボーンの色違いの布を使用)