|Home|
〜旧1組:湯浅 正浩君と再会〜
2006年4月15日
 まさに50年ぶりの再会です。
ホテルロビーを待ち合わせ場所にしておりましたが、お会いしたとたんに当時の面影がありお互い、ときを「ひとっ飛び」して中学・高校の頃に戻って語り合いました。
 現在兵庫県三田市に在住しており、この度は札幌に住むご親戚の慶事で来られました。
関西地区大手流通関係で「商品管理・検査」に携わって35年勤務、無事定年を迎えられましたが現役時代から密かに考えておられた「ボランティア」の勉強をして資格を取得、カウンセラーの事務所を主宰して活躍されておられます。
 平成7年(1995年)兵庫県南部を震源とする阪神淡路大地震のときは幸い大きな被害には見舞われませんでしたが、部屋にあったピアノが50CM程持ち上がった後移動したそうです。
横揺れに対して縦長の住宅だったために地震に対して強かったように思うともいってました。