|ハガキ裏面|  |ハガキ表面|  |Back|  |Home|
〜旧八組 横山 俊二君から絵葉書が届きました〜
2013年9月18日
前略 暑い暑いから、一寸涼くなり、当地は稲刈りもかなり進みそこまで秋がやってきました。
 ホームページで札幌の近況やお元気で活躍されている様子楽しく読ませていただいております。(なつかしい名前や顔も)
 太田さんのことは寒い冬の日、幌北小、北辰中に通っていた時の事を思い出します。早いものですね、あれから60年近くたちますね。幌北小、北辰中の同窓会は開かれていりのでしょうか?札幌の情報がこちらでは何も無いので一度もきいたことがありません。
 小生、栃木県渡良瀬遊水地(世界遺産)の近くに住んでおります」。ここをホームグラウンドにして四季の移り変わりを楽しんでおります。これからも札幌からの情報を楽しみにしておりますので、よろしくお願いします。寒くなってきます。健康第一でいきましょう。では…。
                               栃木県下都賀郡野木町*****  横山 俊二

太田記:
デジタル全盛の昨今、世の中要不要を問わず情報は溢れんばかりに発信されておりますが、思いもかけない人からの、このような「手書きのお便り」が届くことは嬉しい限りです。
この度は、私事で留守をしてましたが、娘から横山さんからの葉書を知らされて出先でノートPCでインターネット接続をして編集してアップロードしました。
以前にも書いたことですが、10期のホームページを立ち上げて12年、70歳を過ぎるとお互い40代50代ほど皆さんが元気いっぱいといえない年代になりました。何かしらの投薬を受けておられる人も多くなっております。お互いの近況を報告しあって情報交換の場としてこのホームページを利用していけたらとの思いです。
幸い、中学〜高校時代の私から想像も付かないとは思いでしょうが、パソコンが趣味から「道楽の域」に至ったと自負しておりますが、このような形でお手伝いが出来る幸せを感じております。
皆さんからの情報をお待ちしております。